中古査定に車を出す際の事前準備について

中古の車を下見するタイミングと注意

中古査定に車を出す際の事前準備について 中古の車で気になるものを検討しようと思ったら、三回は下見に行った方が良いです。
下見に出かけるのは、晴れている日、曇っている日、雨が降っている日の三日が良いです。
まず晴れている日に車のボディなどをしっかり見て、傷の有無しっかり確認しましょう。
曇っている日もチェックしますが、これは車よりも店を確認する意味合いがあります。曇りの日はワックスがけをするのに良い日なので、店の人が外装に気を使っているかどうかを見ることが出来るかもしれません。雨天の時は、車の内装をチェックします。試乗もしてもらった方がいいですが、シートに座ることが一番の目的になります。車のなかを見て、水が漏れていないかなどをチェックします。

また中古で買おうと言ったときに、譲ろうかと言ってくる人が現れることがありますが、これはあまりおすすめしないそうです。

しかし、そういう人からは買わない方がいいと言われています。そのひとがよほど信用できる場合を除いて、状態の良くない車を買うことになってしまうことがあるからです。
状態の良くない車を買わされてしまった人は、雨天にトランクを開いたら、水でビチョビチョに、なんてこともあるらしいです。
中古の車を譲る人が現れたら、良くチェックして検討しましょう。


Copyright(c) 2022 中古査定に車を出す際の事前準備について All Rights Reserved.